>  > 10年戦士になりました

10年戦士になりました

初めて風俗を利用してから10年は経過しましたね。いわば立派な10年戦士になりましたけど、それなりに経験を積んできて思ったのは、風俗は自分の好みを明確にすることも大切なんだなって。適当に遊ぶってよりは、自分がどんなプレイを楽しみたいのかを明確にした方が断然楽しい時間になるんだなってことに気付くようになってきたんです。これは風俗だからとかではなくて、どんなものにも言えると思うんです。それは料理屋に行って「何でも良いから出してくれ」じゃ、必ずしも自分の食べたいものなのかどうか分からないじゃないですか。そう言っても出されたものに対してどうしてもあれこれ思ってしまうと思うんです。それなら初めから自分の食べたいものを明確にして注文した方が料理店側だって応対出来るじゃないですか。風俗だって同じで、自分が何をしたいのかを知っておいてもらった方が女の子だって対応しやすいんですよ。だから、まずは目的を明確にです。

角度によって全然違うんですよ

正直、フリーで入ったので風俗嬢に対してあれこれ言っちゃいけないってことくらいは弁えているつもりですけど、それでも初対面は「失敗したかも」「やっぱり指名すべきだった」と思ったのは事実です。あんまり自分好みではないなって思ったんです。スタイルは悪くないかなって思いましたけど、顔はそんなに惹かれないかなって言う。でも、それは間違いでした。彼女は見れば見るほど、なんて可愛いんだろうって思える子だったんですよね。大人しいのと、ちょっと暗い雰囲気で初対面の印象がちょっとマイナスになってしまったものの、話すと全然可愛いんです。人見知りだって言っていましたので、緊張して顔が強張っていたのもあるかもしれません。でも打ち解けて笑顔を見せてくれるようになると、なんて可愛い風俗嬢なんだろうって思うようになりましたし、角度によっては美人にも見えるしで、むしろフリーでこのレベルの子と楽しめたのは奇跡なんじゃないかなって。

[ 2017-06-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談